必要な金額とタイミングを確認する

お金の必要な金額とタイミングを確認する

 

お金が必要になった時の解決策としては、貯金を崩すことなどもありますが、場合によってはどうしても口座にそのままお金を残しておきたいという時もあるでしょう。そんな時にはお金を借りることが良い解決方法となってくれます。

 

とはいってもお金を借りる方法にはたくさんありますし、自分がどのように借りたいのかという希望も少なからずあるはずです。

 

  • いくらぐらい必要なのか?
  • いつまでに準備しないといけないのか?

 

といったことも、お金を借りる時には重要ですね。

 

必要な金額に足りなければ意味がない場合もあるでしょうし、必要なタイミングに間に合わなければ、せっかくお金を借りる手間をかけても無駄に終わってしまうということもあります。

 

お金を必要としている状況によって、おすすめのお金を借りる方法というのは違ってくる

お金を借りる目的にはたくさんのものがあります。何かを購入する場合と、現金としてお金を準備する場合なら自然と利用する借り入れ方法は違ってくることになるでしょう。

 

金利や借り入れできる限度額という点でこのように申し込む方法が変わってくるだけでなく、自分でどのようにお金を借りるのかという計画によっても選択するものが変わるのです。

 

一般的に借りやすい、使いやすいと言われているようなローンは、実際に借りやすく使いやすいことも多いのですが、万人向けであることからも必ずしも自分に最適のローンであるかというとそうとは限らないということもあります。

 

ここにローン探しの難しさが潜んでいるのかもしれませんが、きちんと比較して借り入れ先を選ぶことによって、本当に使いやすいものを選ぶことができるのです。

 

まず、ローンを探すのではなく、必要な金額とその時期、借りる方法と返済の方法など自分がどのようにお金を借りることに対しての計画を立てるのかということを考えてみましょう。

 

どうやってお金を借りたいのかということをはっきりさせるのです。それに近いローンを探すことで、結局は借り入れ先探しの時間を短縮することができるはずです。

 

おすすめの借り入れ方法は申し込みをする方によって違ってくる

申し込みをする方は自分がどうやって借りるのが良いのか?ということをクリアにしておかないと、どんなローンを見ても決定打に欠けるような気がして決められないかもしれません。

 

今注目を浴びている各金融機関のカードローンでは、借り入れの手軽さが人気の秘密となっています。とはいっても、必要額や利用目的などによっては違うローンを選択したほうがよいケースもあります。

 

逆に手間や借り入れまでの時間をかけたくない場合に、目的が明確なローンであってもあえてカードローンに申し込むという方法もあります。

 

たくさんの借り入れ方法やローンの中から選ぶのはとても大変なことではありますが、ピッタリのものを選ぶことは返済期間が長くなる場合などは特に重要なことになるでしょう。

 

借り入れ先探しと同時に自然と借り入れに関する知識も得られます。お金を借りることに苦手意識を持っている方も心配なく借り入れ先を決められるようになります。

 

消費者金融はサービス、銀行は金利

消費者金融はサービス、銀行は金利

消費者金融はサービスが充実しています。銀行カードローンは金利が低く設定されています。何を重視するのか、申し込みをする前に慎重に考えましょう。

 

どうしても今日でなくてはならない借り入れであれば、消費者金融は即日融資の可能性が高くなりますので、安心感が大きくなるものです。

 

ところが今の銀行カードローンでは、例えば、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックや三井住友銀行カードローンのように、契約機が年中無休で稼働しており即日融資は、消費者金融と同等の可能性と持っていることもあります。

 

それでは、消費者金融にある充実したサービスにはどんなものがあるのか?銀行カードローンにはどんなものがあるのか?を比較していきましょう。

 

消費者金融

即日融資の可能性が高い

インターネット申し込みであっても、即日融資をするための方法があります。

 

一般的には平日の14時までには、全ての手続きを完了させ振込キャッシングの依頼をしていかなくてはなりませんが、プロミスのように特定の口座を持っていることで24時間いつでも振込キャッシング対応となることもあります。

 

また、大手消費者金融であれば大概が用意しているのが自動契約機です。年中無休で営業時間も長く、土曜日や日曜日であっても即日融資の可能性が最も高い方法です。

 

14時以降や土日・祝日であっても、ネットで申込をしてから、店舗や自動契約機に向かえば、当日中にお金を借りることが可能です。

 

引用:お金を借りる方法

 

申し込み、審査、契約、カード発行と借り入れまですべての流れがその自動契約機の中だけで完結しますので面倒はありません。契約書とカードを受け取ることができるため自宅への郵送が新規申し込み時にはないということもメリットの一つです。

 

金利が高い

キャッシングを扱っている形態の中では最も金利が高く設定されています。一般的な消費者金融であれば上限20.0%、大手消費者金融なら上限18.0%です。

 

少額キャッシング短期返済以外では消費者金融の利用は好ましくはありません。反対に少額キャッシング短期返済ができるのであればほかの形態のキャッシングと金利が違っても利息の差は気になるものではありません。

 

どの金利が適用されるのかは利用してみなければわからないというデメリットもあります。もとより上限金利で借り入れから完済まで進むとして計画をしておかなくてはなりません。

 

会員サービスが充実している

店舗へ足を運んだり、消費者金融に電話をかけなくてもインターネット上にある会員ページだけでほとんどの手続きが完了しサービスも受けることができます。

 

取引履歴の照会、増額申請、各種設定登録変更、振込口座登録などは標準装備です。借り入れも返済も会員サービスから手続きを行うことができますので消費者金融の利用において最初から最後までの一切をインターネットで完結させることは珍しいことではありません。

 

銀行カードローン

即日融資が行われる銀行は限られる

即日融資の確実性が高いのは自動契約機がある銀行カードローンです。カードを使ってATMからの借り入れをすることが基本の方法となりますのでインターネット申し込みではカードの郵送に時間がかかり当日に借り入れができないことが多くあります。

 

インターネット専用バンキングのカードローンであれば振込キャッシングによる即日融資も可能なこともありますが確実性で言えばやはり自動契約機になるでしょう。

 

現在の銀行カードローンで自動契約機を設けているのは2社だけです。三井住友銀行カードローンのローン契約機、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックのテレビ窓口です。

 

銀行は即日融資が難しいと言われる時代ではなくなりました。自動契約機がある銀行カードローンなら緊急性のある借り入れでも低金利での借り入れができます。

 

融資限度額によって金利が決まる

金利が低い、というよりは金利が明確であるといえます。もちろん消費者金融に比べると上限金利も15.0%を下回ることが一般的となる銀行カードローンは低金利と言えるでしょう。

 

ただし、同じ銀行で提供している多目的ローンなどに比べると金利は高くなりますので低金利と言い切ることもできません。融資限度額に応じて金利がはっきりと決められています。

 

計画が立てやすく、増額で金利が下がることも十分に検討できるのが銀行カードローンのメリットです。

 

会員サービスはないに等しい

残念ながら消費者金融ほどのサービスの充実はありません。ATMで借り入れをし、ATMか口座引き落としで返済をするという非常にシンプルな使い方になります。

 

増額の申請や登録内容の変更など何らかの手続きを行いたいときには銀行カードローンの専用ダイヤルに連絡をするのが基本の使い方です。